スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空と月と星とブログ

昨夜、身内の入院している病院に行って帰りがけに空を見たら、ちょうど半月に近いお月様と、そのやや下のほうに明るく輝く大きな星がありました。だから、ブログの画面をメルヘンチックな宇宙に変えました。

http://nancymurmur2009.web.fc2.com/
スポンサーサイト

写真その1:ト音記号バッジとネックレスのハーモニー

ト音記号バッジとネックレスのハーモニー


昨日からやっと、ブログに写真をアップできるようになったから、うれしくて載せたら、
えーーーー、こんなにデカイ(^_^;)どうしよう。小さくできないの???(泣)
(これは一応私の胸元。日曜のジャムセッションで女性ベーシストが撮ってくれました。)

また怒涛の週末

土曜日のサテンドールはとても楽しい催しでした。

女性9人、男性1人の10名が歌うステージ。どこぞのボーカルスクールの発表会の感がありましたが、入り口脇の大きなテーブルを囲んで歌手たちが和気藹々。知らないもの同士でもあっと言う間に仲良くなりました。

1stはみなちょっと緊張気味。でも休憩中にぐっとくつろいだ感じになって、2ndは歌もバックの演奏もノッてきてとても楽しいステージになりました。ステージでのトークも上手な人が多くて、珍しく私は無口になりました(~_~)
歌を始めて2~3年という人も何人かいたようですが、うそでしょう!と思うくらい上手でした。

客席は1stは少し余裕があったのですが、2ndは店のお客さんやフリー客も入って超満員!!!凄かった。さすが、名門サテンドール!!

ピアノトリオの演奏は予想をはるかに越えて、素晴らしかったです(*^_^*)
ジャムセッションでちょっとお会いしたくらいの方々なのでよく知りませんでしたが、30数曲(リハ含めると70曲)をまったく手抜きせず、疲れも見せず、一曲一曲を丁寧に、歌を生かしつつ、見事に演奏してくれました。とても気持ちよく歌えました。この方達に感謝と尊敬の気持ちを込めて盛大な拍手を私は送りたい!!!

小林岳五郎さんp 笠原本章さんb 長谷陽介さんdr

この日私は知り合いのピアニストさんに頼んで写真を撮ってもらいました。だって、自分のドレス着た写真が一枚もなかったからです。これを冥土の土産にするつもり(爆)

ピアニストのIさんはブログにいつも写真を載せていますが、その腕はプロです。花を撮ると目の覚めるように美しい赤だったり、夕刻の空にレインボーブリッジが黒々と屹立していたり、人物を撮るとその人の人柄が伝わってくるようなあったか~い写真だったりします。だから、写真屋でポートレートを撮ってもらってもよかったのですが、私は彼に撮ってもらいたかった。。。。。


日曜は入谷某店の昼ジャムから高田馬場某店のジャムへ。ジャムセッションのハシゴ。間にちょこっと飲み会が入って、私らしく遊びまくりました(*^_^*)

でも、

でも、

でも、

疲れた……….当たり前だ。

実は、YouTubeに............

私の動画がUPされています(*^_^*)

一昨日池袋のP’s Barというライブハウスに行ったとき、飛び入りで一曲歌わせていただきました。
そのときいらっしゃった知り合いの方が撮ってくださったのです。

曲名は「逢いたくて逢いたくて」。園まりのヒット曲ですが、いろいろな歌手がカバーしています。

一昨日はフルートの小島のり子さんとギターの山口友生さんのデュオライブでした。

8月後半だったか、小島のり子さんが日記で、石川さゆりが歌っている「逢いたくて……..」を聴いてとても良いと思ったのでライブで演奏します、と書いていたのを読んで、私は当日小島さんのライブに行ってその譜面をいただいて、自分のキーに移調しました。日本語の歌はめったに歌うことがないので最初戸惑いましたが、やってみるとやはり言葉がよく伝わってきて気持ちよいのです。

今、この動画を公開しようかどうしようか迷っています。だって、歌があんまりうまくないんだもの(笑)被写体もイマイチだし(爆)

皆さんの意見を聞かせてください↓
(まぁ、いいんじゃないの、ということなら公開してもらおうかな???)
http://www.youtube.com/watch?v=nWIgidaTLew

ライブスケジュールは↓
http://nancymurmur2009.web.fc2.com/

世も末だ[反撃編]

昨夜、日曜夜の約束をすっぽかした娘が家に来た。

今度引越をするので邪魔になった古いアナログレコードをダンボール三箱預かってほしい、と車で運んできた。

一緒に鍋(しゃぶしゃぶ)を食べた。寄せ鍋は日曜に1人で死ぬほど食べて飽き飽きしたからしゃぶしゃぶにした。

娘と私はへんな親子で、よくマイナーな社会論議をする。
(今回はマイナーではないが)

先日会社の上司が「世も末だ!」と嘆いた電車内で年配者に席を譲ろうとしない若者たちの話をした。

黙って聞いていた彼女は、

「若い人のマナーは確かに悪い。でもそういう世の中にしてしまった大人も、悪い。教育というのは学校と家庭だけでやるものじゃなくて、社会全体で大人は子供を教育していくものでしょ!ママの上司はなぜその場で怒らなかったの?マナーが悪ければその場で注意したらいいでしょ?大人が何も言わないから若者も子供も気がつかない。黙っている大人は子供よりもっと悪い。私はこないだ、電車の扉近くの床に大きなかばん置いて座り込んでる女の子がいたから、あんた他の人の邪魔になるからどけなさいよ!って言ったら、ハアとこっちを見上げて動かなかったから、かばんを蹴飛ばしてやった。その子と一緒にいたカレシはおどおどしてるだけだし、周りにいる大人たちは誰も何も言わないのよね。その子よりカレシと周りにいて黙っている大人達に私はすっごく腹が立ったのよ」と反撃してきた。

席を譲ることだけじゃなくて、乗り物や公共の場でのマナーなんて、大人や他人に教えられなくても人間としての常識と心さえあれば当然気がつくことだと、私などは思う。

が、若者代表である娘をうまく説得できないでこの日は終わった。

よし、ババア代表として、次回は反撃の反撃に転じてやるぞ!!!!

というわけで、今週は二つライブがあります。明日(木)は本郷三丁目Gout、土曜日はサテンドールです。お時間ある方、遊びに来てください。Goutは飛び入り歓迎!!
詳細はトップページ、またはホームページをご覧ください。
http://nancymurmur2009.web.fc2.com/

ちなみに、本日は池袋P’s Barに出没予定です。ふふ….。

The Passion Of Millie Vernon

昨日はツイてなかった。

立川某店の午後セッションに行くつもりだった。
2時半に出たのに、バスは15分、電車も10分の待ち時間で目的地に着いたときは3時40分。
店の手前にあるコンビニで譜面のコピーしようとしたら、男性が使用中。ま、いいや、その曲は後回しにして休憩中にコピーすればね、とブツブツ言いながらビルの階段登ったら、え?何?

防火扉が、閉まってる………..
“本日のアフタヌーンセッションは都合により中止となりました”

え、えーーーっ。いっぱい練習しようと思って来たのにぃ(――;)
ここまでのバス代と電車代、どうしてくれる(激怒)

やむなく国分寺へ。
確か今日セッションやってるはずの店に行ったが、
そこも、真っ暗。今日じゃなかったかなーー。
もう一軒セッションやってる店があるが、そこはパス。

こういうときはマット・デニスのEverything Happens To Meを歌うに限る(~_~)


夜は久しぶりに娘が家に来る予定だったので、張り切って寄せ鍋の用意!!!
肉も魚も野菜もたっぷり買って、鍋に火をつけたとたん℡が。
“なんか、調子悪い。引越の準備で疲れたかも…..”
わかった、今日は来なくていいよ。気をつけてね、と言って切ったが、
あーー、本当に今日はツイてない。


予定のなくなった日曜の夜の時間は、長い。

買って溜め込んでいたCDをいろいろ聴いた。その中で印象的だったのが、Millie Vernon。
Amazonで二枚買ったものが偶然、26歳のときのデビューアルバムと2002年に72歳で録音したものだった。そもそも発売レコードが少ない人ではある。

デビューアルバムのIntroducingを聴いて感動。
先日のちあきなおみもびっくりしたが、この人の歌の美しさ、というか、情感の豊かさ、表現の素晴らしさ!!!!

向田邦子さんの愛蔵版だったそうだが、納得。これは文学する人にとってはたまらない魅力がある!!!いくらかハスキーでクールなところがクリスコナーに似ているが、ハスキーなのに透明感があり、クールなのに甘く、かったるそうなのにピリッとくる。

向田邦子さんが、生ぬくくて水羊羹に合いそうな声、と評しているそうだけど、さすが物書きって、表現がうまい。
バラードが多い。なのに、まったりしない。どれも素晴らしいが、私はWeep For The Boyが特に好きだ。せつなくて、せつなくて、せつなくて、あまりに切ないから、涙も出ない。すごい人だ。

もう一枚のThe Passion Of Millie Vernonは最初の曲But Not For Meをかけはじめた時、デビュー作の声とのギャップにがっかりした。だって、おばあさんの声なんだもの。
いやだなーー、こんなしゃがれ声は好きじゃない。美しい声がいい。

途中で止めて友達にメールして、お茶飲みながらジャケット見たら、Weep For The Boyがまた入っている。ふ~ん、よほど好きな曲なんだなぁ、と思いつつ曲を流したが、今度は息がとまるほど驚いた(~_~) おばあさん声が一体どうだって言うんだ!!!いやもう、おばあさんであるはずの彼女の歌は、天国も地獄も全部見てきた声、だった。おどろおどろしくて、殺気すら感じるのだ。しかもそれが押し付けがましくない。説得力なんて、そんな生易しいもんじゃない!!!!

昨日は確かにツイてない日だった。
そのおかげで私は至福の声に出会ったのだった。神様に感謝m(__)m

サテンドールは素敵なお店です!!!

10月24日(土)六本木サテンドールのイベント“Crystal Voices10”に来てくださる方いませんか?
来場者募集中です!!チケット2千円でお分けできます!!!

ボーカルはアマチュアが多いのですが、それぞれが自分の得意曲3曲に全力投球するので、きっと聴き応えありますよ。

1人のライブを聞くのは、その人の世界をじっくり観察するという点で良いのですが、多くの歌手の歌を一日のステージで聞ける、というのもとても楽しいものです。

音楽は個性があります。特に歌はそれが顕著に出ます。
それぞれの個性と主張がはっきり出るのが、歌です。
うまいか下手か、ということより、その人の世界を持っているか、そこに惹き込まれるかどうか、を見ていただきたいと思います。

ご都合つく方がいらっしゃれば、ぜひ、ご一報ください。

お待ちしております。


六本木サテンドール

今月、サテンドールの“Crystal Voices”というのに出ることになりました。詳細はホームページのスケジュールにて。

★10月24日(土)「サテンドール」(六本木)
演奏:18時~(1st) 20時半~(2nd)
出演:小林岳五郎p 笠原元章b 長谷陽介dr+vocal 10名
料金:チケット2500円+飲食代(ドリンク1品と料理1品以上)
場所:港区六本木4-11-5 六本木ビルアネックス4F
Tel :03-3401-3080
(地下鉄日比谷線または大江戸線の六本木駅より徒歩2分)

*私を含めて10名のボーカルの歌をお楽しみいただけます。お料理もお酒もとてもおいしいです!!希望者はお申し出いただければ、チケット2500円のところを2000円にてお分けいたします

眠れぬ夜

ここしばらく続いている眠れない夜。

特に悩み事があるとか体が不調というわけではなく、ただなんとなく寝付けず、眠りも浅く、1時、2時に寝て未明に目を覚ます、という日々が続いています。

トシのせいだろ!と心無い(いや正直な)声も聞こえますが、ま、それはあるにしても、なんですかねーー。寝床に入ると胸苦しく、なにか胸に重しをのせられたような感じで、漠然とした不安が広がってどきどきしてくるのです。(うんうん、これはねーー、不定愁訴、っていうんだよ。)


土曜日の「東京倶楽部」のライブでの課題曲!がプレッシャーになっているのかな、と思っていましたから、それが終わればぐっすり眠れるだろうと期待していましたが、どっこい終了後は、見事に失敗したことがさらに大きな重石となって、もっと寝られなくなった


「東京倶楽部」はありがたいことにたくさんのお客様に来ていただきました。

私の古い友人や知り合いだけでなく、ボーカル仲間のSayakaちゃんやさえこさんも来てくださってうれしかったです!!!
とにかく演奏陣が強力!!!だったのでたくさんの方に聴いていただきたいと思っていました。

1stセットのインスト、こじまのりこさんの最新オリジナル「October 1st」は初めて聴きましたが、おぉ~っと思いましたね。スタンダード曲のようでした。

2nd のインストはさらに弾けて、こじのりさんオリジナルの「鶴齢」でこじのりさんがソロを取ったとき、太くうねる小杉さんのベースに誘われるようにこじのりさんのフルートが輝きを増していって、エネルギーが溢れていました。二曲めのI Love Youは福田さんと小杉さんのデュオのとき、あーーー、すごかったよー。もう一度聴きたい!!!もう一度あのときに戻りたい、戻りたい!!!

「逢いたくて...」はこじのりさんのアレンジだけあって、ソロがとても気持ちよかった。歌謡曲というジャンルをはっきり超えてました。


ボーカル仲間のSayakaちゃんが、岩下さんの歌が聞きたくて来ました、と言ってくれたこと、そしてさえこさんが「楽しかった。気持ちが伝わりました」と言ってくれた言葉が私にとって唯一(いや唯二)の救いです。ありがとう!!!

世も末だ

という話はよく聞きますね。
今の社会に対する嘆きの声です。

世も末だと嘆きたくなるようなひどい出来事や事件はワンサとあって、徹夜で話しても話し足りないほどですが、とりあえずごく日常的なことを一つ。



今朝勤め先の上司が出社して開口一番。

上司「世も末だな!」

私 「…….なにか???」

上司「昨日帰るとき女房と二人で電車に乗っていたら、前の座席に6人しか座ってなかったんだよ。あれ、七人掛けだろ?足広げて座ってて誰も詰めないんだよ。僕も疲れてたけど、女房も杖持ってたからさ。“この座席はデブばかりなんだな!”って大きい声で言ったけど、だれも詰めないし、立ちもしない。呆れたよ。今の教育がよくないんだな。年配者に対する敬意なんぞひとかけらもない!」



まったく同情&同感しました。

上司は今年傘寿。80歳です。しかし、現役バリバリで朝9時から夜7時頃まで勤務し、土日祝日以外はほとんど休まないというツワモノですから、見た目は同年代の男性と比べると若いです。が、頭は真っ白だし、贔屓目にみてもやはり老人。その人と杖を持った連れ合いの女性が目の前に立っているのに誰も詰めない、立とうともしないというのはこれはもう、世の中どうなってるの、と慨嘆したくなります。しかも、これは珍しい出来事ではないのですからね。

毎日満員電車で通勤している私は常にいらいらしています。
20代、30代の人たちが座席を陣取って、携帯カチカチ、口開けて居眠り、漫画本読み、目の前に年配者や体の悪そうな老人が複数立っていてもまったく知らん顔で、ぜったいに誰も譲りません。

一昔前は譲って当たり前という空気があったのに、最近は全然そんな気配がないのです。これはどうしたことでしょうか。

家庭と学校の教育が悪いのでしょうか?でも、少なくとも、ふつうの家庭に育ち、ふつうの義務教育を終えた人間なら常識から考えて、自分より弱い立場の人間や年上の人にはやさしくするとか礼節を守るとか、そんなことは当たり前と私など思いますが、最近の教育を受けた人たちはそう思わないのでしょうか?人間の愛情とか尊厳とか、そういう感情は普遍的な真実と思うのですが、今はそうではないのでしょうか?
“優先席”というのがまだ存在していますが、あれは有名無実になっていますから、即撤去してほしいです。
文科省の大臣は、小中学校で社会生活の基本をもっときちんと教えるよう指導してください。教師をもっと鍛えて、資質を上げてください!!
公共機関関係の責任者の方々、折に触れ、道徳の基本や慣習を広告その他で宣伝して成人を啓蒙してください。

今日は私、正義の人ですが、自分も反省多々あります (^_^;)



全然関係ありませんが、明日ライブをやります。ステージではこういうまじめな話はしにくいです。空気が硬くなりますからねーー。
今回は昭和歌謡に挑戦です。(昭和歌謡のおかげでこの一週間熟睡できませんでした(――;)新しいことやるのって、大変)

★10月3日(土)「東京倶楽部」(水道橋)
18時オープン、演奏19時40分~22時40分(2セット)
出演:福田重男p 小杉敏b 小島のり子Fl 岩下和代vo
料金:1500円/1stage+飲食代
場所:千代田区神田駿河台2-11-16 さいかち坂ビル地下1階
電話:03-(3293)-6056
http://www.tokyo-club.com/intro/

プロフィール

ナンシーマーマ。

Author:ナンシーマーマ。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TOEICボキャブラリー4択ドリル

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。